Tour conductor of wheelchair journey only for you

menu

LowTheEyesのブログ  頚損フィッシング

10年ほど前の話になりますが、

近所の川にアマゴ釣りに行くと

嫌っていうほどアブラハヤカワムツが釣れ続き

アマゴを諦めて帰ってくることもあったほど。

 

この雑魚を久しぶりに釣りに行ったところ

全く釣れなくなっていました。

というより魚の気配がほとんど無く

エサも取られず戻ってきました。

 

里川の風景

里川の風景

川の様子は10年前とほぼ変わらずの流れで

水の色も透明度が高くきれいに見えます。

しかし魚の姿は全く見られず不思議でした。

 

近年の温暖化で水温が上がってしまったのか

水の色ではわからない水質の変化があったのか

純粋に魚の住処が変わっただけなのか

産卵など増えることができなくなってしまったのか...。

 

山里の流れ

山里の流れ

こんな小さな川にはほとんど釣り人は現れず

乱獲とは考えにくいが、複数の河川で

同じような状況になっていました。

 

Youtubeにコメントをくださった方が

いつしか雑魚も養殖の必要な時が来ると

仰っていましたが私もこの状況に強く共感しました。

 

落差のある流れ

落差のある流れ

専門家ではないので原因は分かりませんが

釣り人も持って帰らないような魚さえ

見かけなくなってしまった状況に

時間の流れだけでは済ませられないものを

感じずにはいられませんでした。

では。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031