Tour conductor of wheelchair journey only for you

menu

LowTheEyesのブログ  頚損フィッシング

涼しい夜の海でアナコンダ(クロアナゴ)と遊ぼう!

20180812-アイキャッチ

台風が近づきちょっと涼しくなったと思ったら

すぐに暑さが復活してしまいましたね^^;

皆さん夏バテしていませんか?

私達は日中の外出を控えている分を夜の徘徊へ!?

そう夜な夜な夜釣りに出撃しています。

夏の夜の好敵手アナコンダ(クロアナゴ)釣りです。

その時の様子をYoutubeにアップしています。

今回は簡単な仕掛けで手軽に釣れる

アナコンダ(クロアナゴ)の仕掛けを紹介します。

何が楽しい釣りかというと

釣り竿に鈴を付け、魚がかかるとチリンチリンと

その期待にワクワクし、魚がかかれば

クロアナゴのそのパワーに魅せられます。

では仕掛けのキモとなる天秤ですが

Dsmarts アームシンカー(ダイワ)が絶対オススメです!

一番オススメできる理由は「全遊動」で使える点です。

全遊動天秤15号以上の重い天秤では見かけますが

10号以下で全遊動で使える天秤は他に知りません。

Dsmartsアームシンカー(DAIWAより転載)

Dsmartsアームシンカー(DAIWAより転載)

 

3号から10号まであり今回は8号、10号を使います。

天秤は閉じられた状態で売られていますので

図のようにアームを開いて使います。

アームシンカーの使い方1(DAIWAより転載)

アームシンカーの使い方1(DAIWAより転載)

 

下の図のように遊動式で使うことで

魚の反応が竿にダイレクトに伝わります。

仕掛けが固定されていないので

魚にも違和感を与えにくい構造となります。

アームシンカーの使い方2(DAIWAサイトより転載)

アームシンカーの使い方2(DAIWAより転載)

 

天秤以外の仕掛けはウナギ針の1-2本仕掛けで

反応が良いときは1本針でシンプルに釣ります。

 

釣り竿などはちょい投げができるもので十分で

少し詳しく書くと錘負荷15号以上であればOKです。

餌は基本サバの切り身を使っています。

時々エイなどが掛かり竿を折られたりしますが、

極稀なのと虫エサではエサ取り(小魚)

簡単に餌を取られてしまい釣りづらくなってしまいます。

 

ある程度の深さのある港で底が砂泥質ならば

ほぼアナコンダはいると思われますので

皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか?

では。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031