Tour conductor of wheelchair journey only for you

menu

LowTheEyesのブログ  頚損フィッシング

LUT(ルックアップテーブル)適用で変わる映像素材

今の私は干物のよう、もうすぐ燻製になりそうです。

そのくらい暑い日が続き過ぎですね。

夜になっても気温が下がらないのが許せません!!!

 

そんな夏には意味のない?ビデオ編集で

スキルアップを目指しております。

 

高価なビデオカメラにはLOG撮影機能があり

このLOG撮影した素材にLUTファイルという物を

高価なビデオ編集ソフトで適用させてあげると

映画風の映像味わいのある発色が得られ

非常に素晴らしい映像となるのだそうです。

 

なんとこのLOG撮影機能がiPhoneにあって

※1(どのモデルかは分かりませんにはあります)

※2(FiLMiC Proという有料アプリが必要です)

LOG撮影への(左)未適用 (右)適用済み

LOG撮影への(左)未適用 (右)適用済み

 

投げ売り状態の編集ソフト「VEGASPRO15」で

簡単に編集できてしまいます。(Video FX→LUT Filter)

早速映画風な色合いに...

(左)未適用 (右)適用済み

(左)未適用 (右)適用済み

 

絶対LOG撮影が必須かといいますと

答えはNoで、普通に撮影されたものにも適用できます

(左)未適用 (右)適用済み

(左)未適用 (右)適用済み

普通に撮影したものに適用するには

適用量を調整してあげれば程よい色合いに!

 

カラーグレーディングというと難しそうですが

LUTファイルの適用で一気にその世界に!!

 

物足りない映像にアクセントを加える意味でも

この「LUT加工」はおすすめですよ!

 

LUTファイル無料のものから有料のものまで

いろいろありますので検索してくださいね。

 

ではこの辺で。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031